お風呂めんどくさい・・・を乗り越えよう!【楽しくお風呂に入る方法30選】

お風呂めんどくさい・・・を乗り越えよう!【楽しくお風呂に入る方法30選】

皆さん、お風呂めんどくさいな~と思うこと、ありませんか?

この記事ではお風呂に入りたくないときに、どのようにしてお風呂に入るか、ということについて真剣に考えております。

皆さんのためになれば幸いです。

お風呂にキラク~に入って良き生活を手に入れましょう!

 

 

しかし、そうはいっても皆さん置かれている状況は異なると思うので、いくつかの策を取りそろえました。

今からその策をどんどん羅列していきますので、その中でピンときたものがあれば実践してみて下さい!

では参りましょう!!

 

1.お風呂にスマホを持ち込む

風呂の中でスマホをいじることを目的とすれば入る気にもなれるかも・・・!?

今では防水機能が付いたスマホもありますが、防水機能のないスマホをお使いの方は防水ケースも売ってますので使ってみてはいかがでしょうか。

 

2.お風呂場で音楽をかける

面倒な物事も音楽をかけながらやると何故だかできちゃうことってありますよね。

それのお風呂Ver.です。

スマホから流したり防水スピーカーを置くなどして、音楽と共にササッとお風呂に入っちゃいましょう!

 

3.歌う

先程の音楽と関連しますが、歌うことを目的としてお風呂に入ると思ってしまいましょう。

お風呂は残響もあり、上手く聞こえるというのもよく言いますよね。

アカペラで気持ちよく歌ってついでにストレス発散もしちゃいましょう。

 

4.入浴剤を使う

私は入浴剤というと特別なイメージがあるのですが、皆さんはどうでしょうか。

日頃入浴剤を使ってない人は使ってみることもひとつの手だと思います。

普段使ってる人もたまにはLUSHなどのお高めなやつを使ってみてもいいと思います。

特に女性は可愛い見た目のバスボムなどでテンションも上がるのではないでしょうか・・・?

ちなみに私は身体が健康になる成分などが入ってる入浴剤のほうが好きですね(余談)

 

5.バスライトを置く

お風呂場がいつもと違って見えるようなライトを置いて気分を変えてみてはいかがでしょうか。

 

6.アロマディフューザーを置く

なんとお風呂でアロマをたく時代になったのですね~。

香りを楽しむためにお風呂に入ろうと思えますね。

 

7.お風呂でプラネタリウムをしちゃう

お風呂でプラネタリウムを見てうたた寝・・・なんて考えたらワクワクしますよね。

 

8.コンパクトジャグジーを設置

「ジャグジーなんてウチの風呂には付いてないよ・・・」という家庭でもジャグジーが楽しめちゃうんですね。

つかの間の贅沢です。

 

9.My アヒルを買う

小さい子が使うお風呂のおもちゃのアヒルちゃんを買ってみましょう。

アヒルちゃんに会うためにお風呂に入る気になれるかも?

たくさん買うとアヒル風呂が出来て地味に面白いかもしれません。

 

10.汗をかきまくってお風呂に入らざるを得ない状況を作る

お金がかかる方法が続いていたのでそろそろ簡単に出来る方法を。

自分が汚れていると感じないと1日くらいイイじゃんって思っちゃいますよね。

ですから敢えて自ら汚れに行くのです。

ランニングやホットヨガ・部屋の掃除などをして汗をかいた流れでお風呂に入っちゃえば一瞬です。

 

11.お風呂に入らなかった場合の自分を想像する

1日お風呂に入らなかったときの自分を想像してみましょう。

就寝時には頭がむずがゆくなって、枕には臭い頭のにおいがこびりつく。

朝起きてもなんとなく髪の毛がべっちょりしてて、汚らしい見た目。

足も臭い。

そう考えると明日の自分のためにも入らないと・・・という気になりますよね。

恐ろしいくらいに想像しちゃいましょう。

 

12.あえて風呂に入らず、明日の風呂にかける

先程の方法とは矛盾しますが、あえて「お風呂に入らない」という選択肢を選んでもいいと思います。

「入らない」と決めることでその後の時間を有効に使えるようになりますしね。

いつまでもお風呂に入らず、「入らなきゃな~でも面倒だな~」というモヤモヤした気持ちのまま過ごすより、いっそ切り替えてしまった方が気持ち的にもラクです。

お風呂に入る時間を趣味に充てたりもできますよ。

また、それだけでなく、明日のお風呂にスッと入ることが出来ます。

1日お風呂に入らないのはケッコー気持ち悪いものなのですよね、冬場でも。

ですので先程の汗をかく方法同様に明日お風呂に入らざるを得ない状況が出来上がるため、翌日の入浴が楽に出来るのです。

しかしこの方法の問題点は1つ前の方法で描写したとおり、ちょっと気持ち悪いです。

周りの人に臭いと思われる恐れもありますので、実践するなら翌日に何も用事がないときをオススメします。

 

13.浴室を暖める

冬場だと寒いのが嫌で入浴する気が失せますよね。

それを少しでも和らげるために浴室を暖めましょう。

暖房機能がある家庭はそれを使えますし、ないお家でも浴槽のふたを開けたままお湯を張るなどで暖めることができます。

 

14.シャワーだけにする

お風呂に入る習慣がついている人はたまにはシャワーだけで済ませてもいいですね。

 

15.身体だけ洗う

どうしても面倒なときは身体だけ洗うのも手です。

頭は気持ち悪いかもしれませんが1日くらい大丈夫・・・!きっと・・・!

もしどうしても気になる方は前日に念入りに2回くらいシャンプーをしてからこの方法を試してみましょう。

美容師さんが以前言ってましたが、意外と1日くらいシャンプーしなくても大丈夫らしいですよ。

 

16.ボディシートなどで代用する

お風呂の代わりにボディシートで身体を拭いて済ますという手段もありますね。

 

17.とりあえず裸になってしまう

服を脱いでしまったら嫌でもお風呂に入らなきゃという気になるのではないでしょうか。

少々荒いやり方ではありますが効果はあると思いますよ。

 

18.お風呂ですることを簡略化させる

例えばリンスインシャンプーを使ったり、コンディショナーをやめてトリートメントに統一するなど、お風呂場でする手順を減らしていきましょう。

身体を洗うことも本当はお湯で流すだけで汚れの多くは取れているらしいので、軽く洗うことで済ませてみる・・・などして作業量を減らすことで多少は楽になるのではないでしょうか。

 

19.時間を計ってお風呂に入る

「何分以内に入ろう」と決めて出来るだけ速く済ませようとすると意外とすんなり入れたりします。

昨日の自分と競争してみても楽しいかもしれませんね。

 

20.何時までに入るか決める

時間で区切るのもダラダラしないひとつの手です。

「見たいドラマのために○時までに上がってこよう!」などの心がけは目標を自分で変えることが出来ないため、なかなか効果がありますよ。

 

21.健康・美容意識を高める

肌を綺麗に保つ、清潔な自分になるにはやはり毎日のお風呂は不可欠。

お風呂に入ることは上質な睡眠や血行促進などにつながるため、健康面でも大切です。

ですから、健康・美容に対する意識を高めることでお風呂に対してのモチベーションもアップするのではないでしょうか。

 

22.ちょっといいシャンプーなどを使う

良いシャンプーやコンディショナー、ボディーソープを使うことでお風呂に入りたい気持ちが上がります。

ですので、自分の好きな香りのボディーソープを使うなどで入浴士気を高めてみましょう。

 

23.バラ風呂する

バラの花びらをお風呂に浮かべてリッチな気分を味わいながらお風呂に入りましょう。

 

24.ゆず風呂に入る

冬至ではないですがゆず風呂はいつやってもいいものですね。

 

25.お風呂でミカンを食べる

冬の名物詩、お風呂でミカン。

ミカンを食べながらゆっくり温まりましょう。

 

26.みかん風呂に入る

ミカンの皮を3日ほど干しておいて湯船に浮かべるだけでミカン風呂ができます。

先程食べたミカンの皮を干すだけでできるのでいいですね。

 

27.キャンドルを置く

お風呂でキャンドルを楽しみましょう。

アロマが入っていると香りも楽しめてよいですね。

 

28.照明を変える

照明を変えてみるのも手ですね。

白い明かりを使っているのであればリラックス効果のあるオレンジ色の照明に変えることでお風呂の印象を変えることが出来ると思います。

 

29.お風呂の後にご褒美を用意する

お風呂から上がったらお気に入りのドラマを見る、アイスを食べる、ビールを飲む、などと決めたら目標のためにお風呂に入ろうという気になるのではないでしょうか。

お風呂上がりの冷たい飲み物は最高ですね。

 

30.お風呂屋さんに行く

お風呂に入る気が出なくても、外のお風呂屋さんに行くとなったら、行く気にもなれるのではないでしょうか。

お金はかかってしまいますが気分転換にいいと思いますよ。

 

最後に

いかがだったでしょうか。自分に合った方法は見つかりましたか?

色々方法を提案しましたが、あれこれ考える前に入ってしまうことが一番です。

家に帰った流れですぐ入ってしまうのが一番すみやかに入ることが出来るのではないかなと思います。

自分がお風呂に入りたくなる、もしくは、入らざるを得ない状況を作ることが、お風呂に入りやすくなるポイントだと思うので、今回紹介した方法の他にも自分で考えてみてもいいかもしれませんね!

 

では、よいお風呂ライフを~